痩せる 食べ合わせ ダイエット 1日3食 単品食べ 

食事のリズムは1日3食が基本

食事の間隔があき空腹感が増すと、体はエネルギーを溜め込もうとして脂肪を作りやすくなります。でも、1日3食しっかりとれば、体は飢餓感を覚えることもなく、エネルギーを蓄積せずにスムーズに分解。ところが、1日2食になると、1食を抜いたという安心感もプラスされ、食べ過ぎを招く恐れも出てきます。1日1食、あるいは1日2食はかえって太ってしまうので、1日3食の基本リズムを身に着けることが、大切です。

 

 

 

 

ながら食べは太るもと
ダイエットではながら食べ、だらだら食べは厳禁、満腹感というのは、食べた量もさることながら。食べているという意識を持つことでも生まれます。だから、テレビを見ながら、あるいは雑誌を読みながら食べは、意識が食べることへ向かわず、満腹感が得られにくいものです。また、知らず知らずのうちにたくさん食べてしまうので太るもとに、小腹がすくたびにおやつなどをつまみ食いして、だらだらと食べてしまう食べ方も、ながら食べと同じことです。

 

夕食は寝る3時間前までに
夜遅く食べると太るのはよく知られています。夜は腸の動きがよく知られています。夜は腸の働きがよくなり、食べ物の吸収効率がよくなる時間帯。その時間にたくさん食べてしまえば、栄養素はどんどん吸収されて蓄積されてしまうことになります。さらに、体内で脂肪を蓄積するように指令を出すタンパク質が、夜中になると増加します。つまり、夜は脂肪がたまりやすい体になっているともいえます。夕食のとり方も大切です。消化には4時間ほどかかるので、夕食は寝る3時間前までにすませましょう。

 

単品食べは栄養バランスを崩すもと
りんご、こんにゃくなど過去に人気を集めた単品ダイエット。食材そのものは健康効果の高いものですが、ダイエットにいいからと、特定の食品ばかりを食べるのはNG。体に必要な多くの栄養素が不足するので、脂肪だけでなく基礎代謝を増やす要の筋肉までも落としてしまうことになり、代謝の悪い体になってしまいます。

 

夕食はタンパク質を意識してとる
夕食後は寝るだけなので消費エネルギーも少なくなります。夕食は脂質を控えて、タンパク質を取ることを意識して。脂質の少ない肉や魚を上手に活用しましょう。夜は睡眠中に成長ホルモンが出て、タンパク質の合成が高まります。筋肉づくりにもプラスに働きます。

 

多いと思ったら残す意識を
出されたものは全部食べるのが礼儀。とはいえ、ダイエット中は、腹八分目を心がけ、ちょっと多いかなと思ったら悪いと思わず少し残すことも必要です。つい食べ過ぎてしまうという人は、一口残す癖をつけるのも得策です。残しても心残りがないように、好きなものから食べてもいいでしょう。

 

 

 


page top