脂質 食材 ダイエット カロリー 牛肉 

ヘルシーな食材はダイエット効果も?

体の細胞を作るタンパク質。牛肉は豊富なタンパク質を含んでいます。しかし、動物性脂肪も含んでいるから、ちょっとやっかいです。薄切り肉を買う場合は、そともも肉で。コンビーフになる部分で、カロリーも一番少ない部位です。牛肉を食べるなら、意識してチョイスしてみましょう。

 

 

 

ひき肉はカロリー高し、注意すべき食材
ハンバーグや肉だんご、ひき肉は使いやすい食材のひとつ。しかし、カロリーが高いということを忘れないで。ひき肉は脂肪分も一緒にミンチされることが多く、カロリーが高くなってしまいます。ひき肉を買う時は、牛・豚肉の場合は赤身部分のひき肉を。鶏肉ならささみ部分のひき肉にしましょう。赤身部分のひき肉が手に入らない時は、赤身の薄切り肉を包丁で細かく切れば、ローカロリーなひき肉風になります。

 

ステーキ肉はヒレ肉で
ステーキの代表選手・サーロインは100gで356キロカロリー。ヒレは100gで218キロカロリーです。ヒレの脂肪分はサーロインの約2分の1。カルシウムやビタミン、鉄などもヒレのほうが豊富。ゴージャスにステーキにして食べるなら、ヒレで1人で150g以内にしましょう。その分、つけ合わせの野菜を充実させてみては。

 

脂肪が少ないヘルシーミートの赤身。脂肪はサーロイン、リブロース、バラ、ひき肉などに、ビタミンやミネラルは赤身や内臓に豊富。牛肉よりも脂肪の少ない豚肉、ヒレ肉やもも肉より脂質が多いロース。肩ロースやリブロースは脂肪が多いので買うなら、普通のロース肉を。脂肪が多いといわれるのは、輸入牛よりも和牛、和牛にするなら、ヒレ、ももなどの脂肪の少ない部位に。

 

子牛は脂肪分が少なく肉質もやわらか
成長途中の子牛は、成牛と違い脂肪がたっぷりつく前の状態、すべての部位においてカロリーが成牛より約2分の1に、中でも、もも肉は100gで116キロカロリー。牛肉を買う場合は、子牛肉がベストです。

 

ローストビーフはダイエット中でもOK
塊肉をオーブンなどで焼いたローストビーフ。焼くことにより、肉の脂肪分が溶けておち、カロリーダウンします。普通はリブロースなどを使いますが、もも肉やランプ肉などの赤身部分を使って焼くと、さらにヘルシーなローストビーフになります。

 

鶏肉は皮なし、または皮をとる
鶏肉は高たんぱく、低カロリーといわれていますが、鶏皮が問題です。100gの鶏もも肉で、約84キロカロリーが脂肪分です。皮100gでは、なんと497キロカロリーにも。鶏むね肉、鶏もも肉は皮なしを買うか、皮がついているなら、取ってから調理するのが基本です。

 

鶏肉のおすすめ部位はささみ
ささみは、むね肉から手羽の内側にある部分。淡泊な味で、脂肪が少ないのが特徴、ダイエット食には最適な部分です。また、鶏肉には糖質や脂質の代謝を助けるビタミンB群が豊富に含まれているので、ささみを大いに活用してください。

 


page top