胃腸 アミノ酸 グルタミン 腸内細菌 タンパク質

細胞分裂に必要なアミノ酸の1つグルタミン酸

胃と腸は食べ物の消化器官であると同時に、皮膚と同様、異物に対するバリアの役目も果たさなければなりません。病原菌の大半は胃酸の酸性に耐えられず死んでしまいます。胃を通過した細菌は腸に行きますが、腸の表面は粘膜で覆われているので、増殖の足場を欲しがっている病原菌にとっては安定な場所になりくく、しかも小腸は消化のさいに蠕動運動をして、内容物を先へ先へと送り込みますから、菌にとっては落ち着いて住める場所とはいえないでしょう。

 

さらに進んで大腸まで到達すると、こんどは腸内細菌が待ち構えています。乳酸菌やビフィズス菌は腸内に常在して、比較的限られた栄養素を奪い合って生活しています。ここに雑菌が来ても、大腸の腸内細菌に栄養素の大半を取られてしまって、思い通りに増殖できません。そうこうしているうちに排出されてしまいます。

 

さらに、腸には腸管免疫という特有の免疫機能があり、免疫系細胞が常に腸の組織の中で防御の目の光らせています。このようにして、私たちは日常食べ物から入ってくる雑菌からの被害を免れています。

 

ところが、胃や腸の粘膜の分泌が部分的になると、粘膜が弱くなり、胃酸や消化酵素によって消化管の表面の細胞が障害を受けてしまいます。これが潰瘍です。小腸や大腸の上皮細胞が障害をうけると、消化不十分なタンパク質や菌の毒素が体内に入る危険性も高まるのです。

 

胃や腸の保全において最もよく知られているアミノ酸はグルタミンで、グルタミンは胃潰瘍の薬にも使われています。潰瘍になった部分の細胞は潰瘍を修復するために懸命に分裂しようとするのですが、細胞分裂や粘膜分泌のためにグルタミンの要求性が高まり、血流からのグルタミン供給量が不足になりやすいと考えられています。

 

小腸の細胞は分裂速度が速く、脱落しながらまた新たに作られ続けています。これは皮膚の角質にも似た防御機構の1つと思われます。この細胞は分裂速度が速く、脱落しながらまた新たに作られ続けています。これは皮膚の角質にも似た防御機構の一つと思われます。

 

この細胞分裂には多大なエネルギーを必要としますが、アミノ酸の一つのグルタミン酸がそのエネルギー源の代表的なものです。グルタミン酸は食品のタンパク質の消化から出来てきますし、グルタミンが体内で変換されることによってもつくられます。平均的にいって食品タンパク質中でもっとも多いのがグルタミン酸で、タンパク質の約20%がグルタミン酸からできています。

 

消化で生じたグルタミン酸の大半が腸で利用されるというもの、食べたものから腸内ですぐにエネルギーとアミノ酸源を獲得する最も合理的な方法として進化の過程で選択されたのかもしれません。

 


page top