動脈硬化 アミノ酸 血圧 コレステロール システイン

動脈硬化の予防効果にシステインが有効?

血圧が上昇する病的な原因の一つが動脈硬化です。動脈の内壁に脂肪などが溜まって弾力性を失い硬くなるので動脈硬化というわけですが、その分血管は狭くなって血液の流れが悪くなり、血圧の上昇をもたらします。

 

動脈硬化が進行すると、酸素や養分が組織に十分遅れなくなり、狭心症や脳梗塞を引き起こすおそれがあります。動脈硬化は糖尿病や高脂血症、肥満などによって徐々に進行しますが、発症の初期には自覚症状ががなく、また、自然に治癒する可能性の低い病気です。

 

心臓の冠動脈など重要な動脈に起きた動脈硬化症では、血管内壁の肥厚部分を掻き取ったり、酵素で溶かしてしまう手術が行われます。動脈硬化症で血管を肥厚させている本体は血管自身の細胞が異常増殖したものや、血管内壁にこびりついた脂質やコレステロールです。

 

特に、悪玉コレステロールと呼ばれているLDLという物質が変性したものが血液細胞の一種であるマクロファージという細胞に取り込まれると、マクロファージ細胞に異変が生じて血管壁の肥厚反応の引き金になってしまうと考えられています。

 

血液中の中性脂肪やコレステロール値が高いと動脈硬化のリスクが高くなるので、健康診断の血液検査では血糖値などとならんで一般的な測定項目になっています。

 

動脈硬化を予防するための重要な食習慣は、コレステロール量の多い食品を取りすぎないことはもちろんですが、悪玉コレステロールが体内で酸化するのを抑えるのも有効な方法です。私たちの体内は、肺から取り込んだ酸素分子を使ってエネルギーを生み出しています。

 

その代償として酸素による酸化反応に常に直面しながら生きているのです。酸化反応は生体にとって毒性の強いフリーラジカル(活性酸素)という物質を生成してしまうため、これらに対して防御しなければ大変危険です。酸化された悪玉コレステロールが体内のどこでどのように出来ているのかは、実はよくわかっていないのですが、体内のコレステロールの上昇に伴って生体内で常に生じているフリーラジカルと反応するコレステロールの量も増えて来るのだと考えられます。

 

私たちの身体には、フリーラジカルを除去するさまざまな仕組みが備わっているものの、他の疾患や栄養素的な理由からその作用が弱まってしまうとコレステロールの酸化も増大すると思われます。ですから、動脈硬化の予防には、コレステロールを取りすぎないことのほかに、酸化を防ぐ物質を積極的に摂取するのがよいといわれています。

 

典型的な例が赤ワインで、コレステロール摂取量の多いフランス人に心臓疾患が少ないのは、フランス人が赤ワインをたくさん飲むからだといわれています。赤ワインは抗酸化作用の強いブドウポリフェノールが豊富に含まれているのがその理由とされます。

 

また、ポリフェノール血管収縮物質エンドセリンの発生を抑制すると報告されています。また、抗酸化物質には、緑茶に多く含まれるカテキン、カレー紛原料ターメリックに含まれるクルクミン、抗酸化ビタミンであるビタミンCやビタミンEなどがあり、これらも動脈硬化の予防効果を持つものと期待されています。抗酸化作用を持つ代表的なアミノ酸としてはシステインがあり、抗酸化ペプチドといえばグルタチオンが代表的です。

 


page top