健康 アミノ酸 コレステロール 大豆タンパク質

コレステロールを下げるアミノ酸

何かと悪者扱いされていますが、コレステロールは細胞膜の構成成分として無くてはならない物質です。つまり、コレステロールは身体の成分といえるのです。ですから、動物性・植物性を問わず、細胞からなる食材はみなコレステロールを含んでいます。

 

コレステロールを原料として、生体にとって重要な数多くの物質が作られてきます。コレステロールはこのような大切な物質ですから、私たちの身体は適した量のコレステロールを作ったり確保するための仕組みを備えています。

 

私たちは、コレステロールを自分で作りながら、食事からもコレステロールを取り込むように出来ています。しかし、コレステロールの中でもLDLと呼ばれるコレステロールが血中にあまり多くなると、動脈硬化のリスクが高まって危険とされています。

 

欧米型の食中のコレステロールが高い高脂血症の方が増えています。それを反映して、医薬ではコレステロールを下げる薬が非常に大きな市場を形成していますし、コレステロールの低下作用を持つ食品は特定保健用食品の主要なジャンルの一つになっています。

 

血中のコレステロールを下げるには、いくつかのアプローチが考えられます。肝臓でコレステロールの合成を抑える、食品中のコレルテロールが生体内で吸収されるのを抑える、コレステロールの分解を促進する、そして何より、コレステロール量が多い食品の摂取を控えることです。

 

ただ、単に食品成分表でコレステロール量が多いからダメということでも無いようです。コレステロール量が多い食品の代表選手は卵、それも卵黄に特に多量のコレステロールが含まれます。確かに、卵黄だけの摂取は血中のコレステロールを高くします。

 

ところが、卵の白身と黄身と同時に含まれる成分にあると考えられています。メチオニンやシステインなどの含硫アミノ酸にはコレステロール低減作用が報告されていますが、卵の白身は含硫アミノ酸を多く含んでいます。メチオニンからはタウリンという物質が作られます。タウリンにはコレステロールの分解を促進する作用が知られています。

 

コレステロールを低減する作用で注目度が高いものに大豆タンパク質があります。大豆タンパク質を加水分解してペプチド化したものはコレステロールを下げる作用が特に強く、その作用メカニズムとしてはコレステロールと胆汁酸の複合物が腸で再吸収されるのを防ぐ作用が考えられています。

 

大豆タンパク質をペプチド化した物に、さらに大豆のリン脂質を結合させたCSPHPという物質にはより強力なコレステロール低減作用があり、CSPHPを用いた特定保健用食品が厚生労働省の認可を受けて販売されています。


健康とアミノ酸記事一覧

再三登場してお馴染のコラーゲンですが、骨と関節もまた、コラーゲンが重要な役割を果たしています。コラーゲンといえば皮膚というイメージが強いと思いますので、皮膚とはまるで違った性質の骨とコラーゲンの関係は想像しがたいかもしれません。まず骨の構造を見てみると、中空構造になった骨髄の回りを硬い石灰質の骨幹が取り巻いています。フライドチキンの骨などを思い出して下さい。中の黒っぽい部分が骨髄です。骨髄はいわば...

肝臓は生体の化学工場といわれる臓器です。肝臓中では、血液で運ばれてきた物質に対する実にさまざまな反応が行われています。その主なものの中に、タンパク質とアミノ酸の分解と合成、そして解毒作用という2つの働きがあります。食べ物を通して栄養分が私たちの身体に入る最初の入り口は、主に小腸です。小腸には門脈という血管が多数巡っています。小腸でタンパク質の分解によって生成したアミノ酸やペプチドは、この門脈に流れ...

血液は血管を通って全身に酸素や栄養分を供給し、また老廃物や二酸化炭素を運び出します。血管はそのための大切な流路で、高い柔軟性を持っています。血管の内径が太くなったり細くなったりすることによって、血圧が変化します。また、体温が高くなると体表の血管を広げて体温を放出し、寒い時は血管を縮めて熱が逃げないようにするのです。さまざまな意味で大切な血管の収縮ですが、これを調整するものが交感神経と副交感神経です...

血圧が上昇する病的な原因の一つが動脈硬化です。動脈の内壁に脂肪などが溜まって弾力性を失い硬くなるので動脈硬化というわけですが、その分血管は狭くなって血液の流れが悪くなり、血圧の上昇をもたらします。動脈硬化が進行すると、酸素や養分が組織に十分遅れなくなり、狭心症や脳梗塞を引き起こすおそれがあります。動脈硬化は糖尿病や高脂血症、肥満などによって徐々に進行しますが、発症の初期には自覚症状ががなく、また、...

胃と腸は食べ物の消化器官であると同時に、皮膚と同様、異物に対するバリアの役目も果たさなければなりません。病原菌の大半は胃酸の酸性に耐えられず死んでしまいます。胃を通過した細菌は腸に行きますが、腸の表面は粘膜で覆われているので、増殖の足場を欲しがっている病原菌にとっては安定な場所になりくく、しかも小腸は消化のさいに蠕動運動をして、内容物を先へ先へと送り込みますから、菌にとっては落ち着いて住める場所と...

page top