美白 アミノ酸 シワ 日焼け メラニン色素 

メラニン色素は紫外線を吸収して遺伝子の傷を生じにくくします

 

わざわざ色素を作っているのは意味があるからで、本来は紫外線による皮膚の障害から皮膚を守る役目をしている物質です。目に見えない紫外線は細胞にとって非常に危険な物質です。まず、遺伝子に傷をつけてしまいます。遺伝子の傷は細胞にとっては危険な物質です。

 

まず、遺伝子に傷をつけてしまいます。遺伝子の傷はガンの発生につながります。そこで、メラニン色素は紫外線を吸収して遺伝子の傷を生じにくくします。黄色人種や黒色人種に比べて白人に皮膚ガンが多いのは、皮膚のメラニン量が少ないからと考えられています。

 

美白目的で皮膚のメラニン量を抑えるには、大きく二つの方法がとられています。一つは紫外線を皮膚内部まで届かないようにするためのサンプロテクションで、もう一つはメラニン産生細胞がメラニンを作りにくくするメラニン産生抑制物質の利用です。

 

サンプロテクションは紫外線を吸収したり反射させる方法ですので単純ですが、メラニン産生を抑える物質が働く仕組みは少し複雑です。メラニンは、アミノ酸のチロシンがメラニン産生細胞中でチロシナーゼという酵素の働きで酸化され、さらに何段階かの反応を経て生成されます。

 

チロシンの供給をストップしてしまえばメラニンが作れないので肌も白くなると考えられてしまいますが、チロシンは脳を含めた身体全体にとって必要なアミノ酸ですからそれは無謀です。また、チロシンは普通にタンパク質を摂取していれば、別のアミノ酸から必要量作られています。

 

そのため、チロシンからメラニンが出来るまでのどこかの過程を抑えてメラニンの生成をストップさせようと、化粧品メーカーなど各社が研究をしてきています。特に、チロシンを酸化するチロシナーゼの作用を阻害する物質を探す研究が盛んに行われ、日本ではコウジ酸やアルブチンなどチロシナーゼ阻害物質が美白化粧品に用いられるようになりました。

 

また、コラーゲン合成を促すビタミンCは、美白効果の面でもよく知られています。ただビタミンCは溶けた状態では不安定なので、化粧品に用いにくいという難点があります。最近では安定なビタミンC誘導体を配合した美白化粧品が開発されています。


page top