肌 弾力 やわらかさ コラーゲン タンパク質 エラスチン

真皮層の弾力は、コラーゲンとエラスチンの特性

角質を含む表皮がバリアの主体とすると、その下にある真皮層は、表皮を支えて皮膚に弾力を持たせるクッションの役目を果たします。また、真皮層には毛包や汗腺、皮脂腺が固定されています。

 

真皮の弾力性は肌の美しさに最も深い関係があります。シワは、表皮の変化よりも真皮層の弾力の低下や収縮などによるところが大きいのです。

 

真皮層の弾力は、タンパク質の一種であるコラーゲンとエラスチンの特性によるものです。皮膚の水分以外の重量の70%をコラーゲンが占めています。身体を構成する全タンパク質の約30%がコラーゲンで、皮膚のコラーゲンはその主なものです。コラーゲンには、アミノ酸組成の上で見ると、他のタンパク質と大きく違う特徴があります。

 

タンパク質を構成しうる20種類もあるのに、コラーゲンを構成しているアミノ酸のうち3分の1はグリシン、9分の2がプロリンです。つまり、コラーゲンの半分以上はグリシンとプロリンでできているのです。

 

また、コラーゲンを構成しているプロリンのうち半分はコラーゲン分子が作られていく途中で酵素の作用を受けてヒドロキシプロリンというアミノ酸に変換されます。ヒドロキシプロリンはコラーゲン特有のアミノ酸で、やはり、コラーゲンの性質に寄与していると考えられています。

 

ヒドロキシプロリンはゼラチン質の多い食品に含まれますが、体内に吸収されたヒドロキシプロリンがそのままコラーゲン分子中のヒドロキシプロリンとして組み込まれることは無いようです。

 

ただし、無駄になるのではなく、体内でヒドロキシプロリンは代謝を受けて別のアミノ酸であるアラニンとグリシンに変わりますので、結局はコラーゲンなどタンパク質の合成に使われます。

 

コラーゲンはケラチンのように大きな集合体を作っていますが、ケラチンとは分子の集まり方が違っていて、水分子をたくさん抱え込むことのできる構造を作ります。皮膚の弾力性は、主に真皮中の主要タンパク成分である、集合したコラーゲン分子の適度な結合力と保水性によりますが、コラーゲンに比べると1%程度の割合でしか真皮中に含まれないエラスチンもまた、皮膚の弾力性に大きく貢献しているタンパク質です。

 

表皮層で角質を供給するために基底細胞が盛んに分裂をくり返しているのに対し、真皮層ではあまり細胞分裂が起こっていません。細胞は存在しますが、表皮とは全く別の細胞です。これらの細胞は、細長い形態の特徴から繊維芽細胞といわれています。

 

真皮を埋めるコラーゲンに囲まれて窮屈そうに散在しているこれらの細胞が、真皮の保全に欠かせない主役といえる細胞です。なぜなら、真皮の繊維芽細胞こそが、真皮のコラーゲンを合成している細胞だからです。


page top