美肌 アミノ酸 乾皮症 アトピー性皮膚炎 

肌の役割は外界の異物に対するバリア

シミやしわが少なくて潤いと弾力のある肌、美肌は女性にとって永遠のテーマです。いえ、男女を問わず美しく健康な肌を誰しも保ちたいと思います。

 

美白化粧料は多くの女性たちにとっては夏の必需品になっています。また、アトピー性皮膚炎による皮膚の異常なかゆみや荒れは、アトピー性皮膚炎を患っている方々にとっては切実な悩みです。

 

肌というと顔・・と考えがちですが、皮膚は全身を覆って、体内から勝手に水分が蒸発してしまうのを防いでおり、第一の役割は外界の異物に対するバリアとしての機能です。

 

どんなに清潔にしても、私たちが日常生活で雑菌との接触を免れることはできません。目に見えない埃とともに、空中にも菌が浮遊していますし、手にしたものの多くに雑菌がついていると考えてよいでしょう。

 

よく肥えた土壌では、1グラム中に数億個の菌が生育しているといいます。体内にこれらの雑菌などの異物が侵入してしまった場合には、体内の免疫細胞や抗体による免疫反応が働いて身体はその無毒化や除去をします。

 

しかし、体内に雑菌や異物を侵入させないことがまず重要で、皮膚はその目的に適した巧妙な構造になっています。


身体を守るバリア機能

皮膚の一番外側の角質層は、ケラチンというタンパク質を細胞内にため込んだ細胞が緻密に折り重なった構造をしています。

 

細胞といいましたが、正確には、ケラチンを充満させるために細胞核も消失して、さらに細胞内の水分もほとんど捨て去ってしまったタンパク質のかたまりでできた扁平な敷石のような構造で、いわば細胞の死骸です。

 

でもこのわずか0.01〜0.02ミリメートルの厚さしかない角質層が私たちの身体の一番外側で異物の侵入を防いでくれているのです。

 

角質層が防御機能を発揮するのは、ケラチンの力が大きいのです。まず、ケラチンは水に溶けません。また、ケラチンは分子同士が互いに強く手を結びあって、全体として隙間の小さい緻密で固い構造を作っています。

 

このようなケラチンの特徴は、ケラチン含まれるアミノ酸、システインの性質によるものです。アミノ酸の中でもシステインは硫黄を含む特殊なアミノ酸で、別のシステインの7「S」と手をつないで「S−S」という形で強く結合する性質を持っています。この強い結合力が、皮膚の角質に適したケラチンの性質の基礎になるものです。

 

乾皮症やアトピー性皮膚炎などの乾燥肌の状態では角質層中のアミノ酸量の減少が認められます。健全な角質層の維持に必要な水分、それを保っている物質は天然保湿因子と総称されています。その主体をなすのが、角質層に含まれる遊離アミノ酸やアミノ酸由来物質であることがわかっています。

 

これらのアミノ酸は角質層ができる際に、ある種の角質細胞のタンパク質が分解して作られたものと考えられています。ケラチンタンパクをたくさん作って角質を形成する一方で、タンパク質分解して保湿因子も作りだしているというのは、とても巧妙な仕組みだと思います。

 

また、角質の保湿性を高める目的で、さまざまなアミノ酸やその誘導体が、保湿作用を持つ化粧品の成分として用いられています。


美肌に欠かせないアミノ酸記事一覧

角質を含む表皮がバリアの主体とすると、その下にある真皮層は、表皮を支えて皮膚に弾力を持たせるクッションの役目を果たします。また、真皮層には毛包や汗腺、皮脂腺が固定されています。真皮の弾力性は肌の美しさに最も深い関係があります。シワは、表皮の変化よりも真皮層の弾力の低下や収縮などによるところが大きいのです。真皮層の弾力は、タンパク質の一種であるコラーゲンとエラスチンの特性によるものです。皮膚の水分以...

わざわざ色素を作っているのは意味があるからで、本来は紫外線による皮膚の障害から皮膚を守る役目をしている物質です。目に見えない紫外線は細胞にとって非常に危険な物質です。まず、遺伝子に傷をつけてしまいます。遺伝子の傷は細胞にとっては危険な物質です。まず、遺伝子に傷をつけてしまいます。遺伝子の傷はガンの発生につながります。そこで、メラニン色素は紫外線を吸収して遺伝子の傷を生じにくくします。黄色人種や黒色...

人間の身体には、髪の毛と体毛を合わせて約200万本もの毛が生えています。そのうち、髪の毛の本数は約10万本です。一本一本の毛は、真皮層に位置する毛包と呼ばれる器官で作られます。うぶ毛のような体毛も頭皮も、大きさは違いますが似たような構造の毛包で作られる点は同じです。頭皮の毛包は体毛の毛包よりは大きく、ほぼ毛包の大きさに比例した太さの毛が作られます。毛包は何歳になっても無くなることはありませんので、...

爪と髪は、その成分や作られ方がかなり類似しています。爪も髪と同じように主成分はケラチンタンパク質です。爪と髪の毛で硬さや形が違うのは、ケラチンタンパクの質が少し違っているからで、ケラチンタンパク質を構成するアミノ酸の種類や比率に大きな違いはありません。爪のケラチンタンパクを構成するアミノ酸、システインどうしがS-S結合でケラチン分子を強固に結びつけ、爪の硬さや水や油に溶けない性質をもたらしています...

page top