血管 皮膚 爪 筋肉 タンパク質

人間の身体の約20%がタンパク質?

血管や皮膚、爪、筋肉の構造を作っている主な成分はタンパク質です。カルシウムのカタマリのような硬い骨や歯でさえも、タンパク質が重要な役割を果たしています。

 

それらが細胞自身でできているか、細胞が自滅しながら、タンパク質を大量に分泌したり細胞内に蓄積して形成されているからです。細胞は細胞膜内でおおわれて一つの単位となっていますが、細胞膜の主成分はタンパク質やリン脂質です。

 

また、細胞膜内には呼吸や細胞分裂など様々な代謝を行うのに必要な酵素が含まれています。この酵素もタンパク質からできています。筋肉の場合などは、細胞の中に筋肉特有のタンパク質のため込むことで筋肉特有の機能を発揮しているのです。

 

このように、タンパク質は私たちの身体を作り上げている基本的な物質です。個人差はありますが、人間の身体の約20%がタンパク質からできています。そして、このタンパク質を構成しているのがアミノ酸です。

 

タンパク質ごとに、20種類のアミノ酸のどれとどれを、どのように並べるかが、個々のタンパク質に対する遺伝子によって厳密に規定されています。その並び方の多様性がそれぞれのタンパク質や酵素の個性を生み出しています。

 

タンパク質がすべてアミノ酸がつながったものと述べました。それでは、タンパク質をすべてアミノ酸にばらして考えた場合、いったいどれくらいの量のアミノ酸が私たちの身体に含まれているのでしょうか?

 

厳密な計算はさておき、ここではタンパク質の量をそのままアミノ酸の量に置き換えて考えると、人体の約20%がアミノ酸からできていることになります。

 

つまり、例えば体重50キログラムの成人であれば、約10キログラムものアミノ酸をタンパク質の形で身体の中に保有しているのです。成人の体重の約半分が水ですから、水分を除いた体重のうち半分近くにもなります。

 

いま、タンパク質をアミノ酸に置き換えて考えたわけですが、これはタンパク質が化学構造的にアミノ酸を単位として理解できるという無機的な理由からではなく、何万種ものタンパク質の合成や分解のどれもが、細胞内で浮遊しているアミノ酸分子同士をくっつけたり、逆にアミノ酸分子という単位に切り離すという形態で行われているからです。

 

一部の例外を除けば、タンパク質は構成アミノ酸に分解されつつ新たにアミノ酸を材料として合成されている動的な物質なのです。

 

なお、タンパク質の構成単位としてのアミノ酸を中心にご説明しましたが、タンパク質を構成できるアミノ酸であっても、遊離したアミノ酸の状態で血液や臓器中に一定量が常に存在しています。


page top